そうだったんだ!サックスという楽器について。その特徴とは?

意外と歴史が深かった!サックスの起源

サックスとは、元はサクソフォーン、またはサクソフォンの略称で、金属製ですが木管楽器に分類されるものです。1840年、アドルフ・サックスに発明された楽器がその起源とされており、彼の名前に因んでこの名称がつけられました。楽器としての構造は木管楽器に近いものの、その素材は真鍮を中心とした金属であり、音の力強さなど、金管楽器的な面も兼ね備えていて、吹奏楽の世界では金管楽器と木管楽器の橋渡しのような存在といわれています。

サックスが使用される場面とは

サックスは使われる音楽のジャンルが多く、サックスの出てくる音楽として最もポピュラーなジャズ、ビッグバンドの他にも、クラシック音楽、ロック、ポップスなど、その用途は幅広いものです。また、吹奏楽においては特にサックスの音色は欠かせません。そして、サックスのためだけのクラシカルな四重奏も存在していて、その場合はバリトン、アルト、テナー、ソプラノという4種の音の高さの違う楽器で演奏します。管弦楽で使用されることは少ないもですが、古くからサックスのためだけの曲も多く作られています。

サックスの構造と音の出る仕組み

サックスは音の高低によって楽器の大きさは違いますが、その形状はどれも似ています。楽器の形は、上から下に向かって一定に幅が広がっていく、円錐に近いもので、その形状が大きな音を出すことを可能にさせています。円錐のような形は同じ木管楽器であるクラリネットに似ていますが、管の太さによりクラリネットより数段大きな音を作り出します。音を出すためには、サックスの先端にマウスピースとリードをつけ、それを振動させることで音を発します。喉の開き方、キーに指を乗せる際の強さや位置により、音の大きさ、高さを調節します。

サックスは、人気の高い木管楽器のひとつであり、ジャズやクラシックなどの演奏の際に用いられることがあります。