愛情あふれる命名!これが親のこだわりだ!3選

とにかく縁起がよい名前

名前は、親から子どもへの最初のプレゼント、と言うように、大事な子どもに素敵な名前を与えてあげたい!というのが親ごころです。「素敵」の基準は人それぞれですが、縁起を担ぐというのも1つの表れです。努力ができても運はどうしようもない、だからよい運勢の名前を付けよう、というわけですね。人の名前に使える感じは限られていますが、その中でも画数や漢字の意味など、限りない組み合わせの中から、ベストをチョイスし、子供の幸せを願うのです。

かわいい名前、かっこいい名前

「名は体を表す」と言うように、名前は本性を表すとも考えています。しかし、西欧では「バラはたとえほかの名前でも香りは同じ」とも言われます。どちらももっともな気がりますが、先に名前を付けてよいならば、香りのよさそうな名前をつけたいものですね。きれいな音や立派な漢字を使って、立派な人間に育つように祈る親の気持ちはよく理解できることでしょう。あまりにも奇抜なものだと、本人も周りも困るかもしれませんが、しかし子どもを思う気持ちは同じです。

家族と名前をそろえる

たとえば、お父さんが正さんで2人の子供が正和くんと弘正くんなど、親の漢字を一字もらうということもポピュラーな命名方法です。あるいは、「望・円・明」などと1文字でそろえたり、「エミリ・ジョー」などの世界でも通じるような名前にしたり、統一のルールで兄弟を命名することも少なくありませんね。双子の場合は、似たような名前にする方が多いくらいかもしれません。名前というのは家族のつながりを表すもの、と言えるでしょう。

姓名判断は、占いの方に自分の名前占って頂き様々な事柄を教えてもらうものです。具体的には、これからの運勢、性格等です。